忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 00:31 |
民主主義の皮を被った社会主義

SECがP2P金融「Prosper」業務一時停止の理由を公開
http://jp.techcrunch.com/archives/20081126sec-outlines-its-reasoning-for-shutting-down-p2p-lender-prosper/
めずらしい事してるのでペタリ。


---   ---   ---   ---   ---

インドでテロが起きた時、マスメディアよりもTwitterやFlickrが早く、リアルな状況を報告してたという話。

ポストした人々は(きっと)自分の身の安全を確保した後に世界中に現地の情報を発信したという事になる。
コレ、実は凄い事のように思えるのですが。「なぜそのような行動をしたのか?」と聞かれたら彼らはどう答えるのだろう、気になります。

NYTimesが明文化した「大津波の災害の時に、もっともリアルに現場の状況を世界に伝えたのはマスメディアではなくブログの力であった。」といった話。未だに世界中でTwitterを一つのメディアとして捕らえていない人がいるけども。その理由が「嘘の情報が含まれていることが多々あるため。」という。
そうじゃないんだよ。個々が嘘であっても、その嘘を見抜ければ良い。一般人に何を求めてるのか、現場で実際に起こっていることを自分の言葉で伝えているという事実から目をそらしてはいけない。個々人の情報だから情報が整理されておらず混乱しているのは当たり前。その中から優良な情報を自分で探し出すくらいしてみては?一般人で個人である人が報じてくれているんだからそれくらいの事はやってもいいんじゃない?

メディアの受け取り方がマスメディアとは少し違うだけ。

だからこそ、マスメディアには整理され、誰が見ても正しく伝わってくる真実の中立の立場からみたごくごく当たり前の報道(誇張無し)を何時いかなる時も行って欲しいものですね。

断言しよう、マスメディアが絶滅することは無い。住み分けが起こるだけ。
受け手が何を求めるかによってメディアを使い分けるようになるだけ。金や権力に目を眩ませてはいけない、然るべき所に落ち着いたのなら、その場所の歯車になっていただきたいです。壊れた部品は取り替えられるか、機械自体を入れ替えるか。その歯車の働き次第とでも言えば良いのだろうか。

しかし、Flickerが伝える画像はストレートすぎて凄い。。。テロの怖さがマスメディアとは桁違いに伝わってくる。

PR

2008/11/29 02:19 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<お金のお話 | HOME | 無償性、贈与経済の未来について>>
忍者ブログ[PR]